「会員相互の連携強化」と「周辺技術分野との融合促進」を通じターボ機械研究の進展とその産業応用に貢献する
   
 
 
一般社団法人 ターボ機械協会
 
 
 
HOMEへ 協会案内 ターボ機械とは セミナー/講演会 論文 技術相談窓口
 
 

ご入会案内

ご入会のメリット

 
1. 月刊誌「ターボ機械」を通じて、ターボ機械に関する世界の最新技術や学問の動向、あるいは関連企業・大学・学協会・官公庁の動向に関する情報を入手することが出来ます。ターボ機械および関連機器のメーカーの技術者・研究者そして大学の研究者には勿論のこと、ユーザーの技術者・研究  者にとりましても多くの有用な情報が提供されます。

2. 協会が開催する国際会議、国内会議(講演会)に参加して、関連する学問の動向、最新の技術あるいは関連産業に関する最新情報の入手および産官学の研究者・技術者と親しい交流が出来ます。会議前後に開催される懇親会やスポーツ大会(ゴルフ、テニスなど)を通じた会員相互の親しい交流が、本協会の重要な懇親の場となっております。

3. 協会が開催する講習会、ゼミナール等の行事に参加して、ターボ機械技術に関するポテンシャルを高め、研究開発のヒントを得、そして参加者との交流をはかることが出来ます。講師には、その分野で最も造詣が深く業績の多い第一線の研究者・技術者にお願いしておりますので、企業の新入社員教育や技術者の継続研修の場として利用することも出来ます。

4. 協会が開催する見学会への参加を通じて、話題を集めているターボ機械関連施設や普段では見られないような施設を、じっくりと見学できます。

5. 協会には、水力機械、空気機械、蒸気機械に関する8つの研究分科会が活発に活動しており、これらに参加して専門分野の研究者・技術者と交流よび情報交換をすることが出来、新しい発想や研究開発のヒントを得ることが出来ます。また、これらの研究分科会を通じて、学会規格、国内規格、国際規格の検討および策定に参加することが出来、意見の具申や新たな提案をすることも出来ます。

6. 論文賞・技術賞、若人向けの奨励賞(小宮賞)、中堅研究者向けの功績賞(畠山賞)、永年の功績や業績に対する表彰(永年表彰、匠の表彰)などの各種の表彰制度があり、企業や個人のステータス向上に、また研究費の獲得にも役立っております。

7. 協会が編纂しているターボ機械関係の書籍が割安で購入でき、また外部には公表していない分科会の成果報告書の閲覧が出来ます。

8. そのほか、協会の大きな目的である会員間の親睦を通して、大学や公的機関の専門家の紹介や、共同研究、指導、あるいは退職後の再就職など、様々なメリットが期待できます。会員間の親しい交流と相互扶助を基本とした、気楽な楽しい学会です。

ターボ機械協会入会のメリット(個人会員)
●ページTOPに戻る

事 業 内 容

 

A. 会誌「ターボ機械」の発行
   「ターボ機械」を年12回毎月発行する。内容としては、展望・解説、研究・技術論文、資料、実験ノート、講座のほか、
   特に内外研究抄録、特許紹介見学記、研究室紹介などにも力を入れ、技術情報提供の場としての役割を十分果たす。
   技術論文については主に実用的な価値に重点をおいて評価し、展望・解説および研究抄録ではターボ機械関係の世界の最新
   の情報を紹介し、その一読により世界の現況と進歩の趨勢がわかるようにする。

B. 行事
  (1)講演会(年1~2回)
     発表時間を長くとり、十分な討論ができるようにする。
     未完成の研究あるいは新しい技術や新製品紹介なども発表でき、各方面の意見をきくことができる。

  (2)研修会・講演会(年1~2回)
     研究者、設計者、製作者など専門分野別に分類して、新技術の公開、問題点の討議など、マンツーマンの研修・講習が
     できるようにする。また新人研究および技術者の継続研修に力を入れる。

  (3)パネルディスカッション、座談会、セミナー、見学会(年4~5回)
     少人数でも開催できるようにし、特定の問題について実質的な効果があがるようにする。

C. 委託研究会
   業界共通の問題点について、その解決に協力する意味で適切な機関に研究を委託する。
   ただし研究成果の公開を原則とする。

会 員 構 成

 
 ポンプ、水車、送風機、圧縮機、蒸気タービン、ガスタービン、風車などの流体機械(容積式も含む)および周辺機器に関係する研究者・技術者を対象とした個人会員と企業、団体を対象とした特別会員よりなる。

 会費は以下の通りである。
 
  ・無料会員:   年額 0円 (入会金0円)
  ・個人会員:   年額 7,200円 (入会金1,000円)
  ・学生会員:   年額 1,200円 (入会金0円)
  ・特別会員: 1口 年額 40,000円 (入会金10,000円)
●ページTOPに戻る

入 会 方 法

 
<無料会員登録>

最初に、こちらの画面 から無料会員登録を行ってください。
個人会員、学生会員にご入会希望の方も、最初に無料会員登録を行っていただく必要がございます。

無料会員登録が済みましたら、ご希望の方は、下記の手順に従って、個人会員もしくは学生会員への申請を行ってください。

無料会員から個人会員・学生会員への申請方法

 
無料会員から個人会員・学生会員へのご入会をご希望の方は、必ず無料会員登録を行ってください。
無料会員登録が完了すると専用ページが表示されます。
メニューの「マイページ」をクリックしてマイページを表示させ、水色と緑色の欄に内容をご記入のうえ、こちらの「お問合せ送信フォーム」より、「お問合せ内容」欄に「個人会員(学生会員)希望」と明記のうえ、送信してください。
(※水色と緑色の欄が未記入の場合、お受けできない場合がございますのでご注意ください)
後日、事務局より手続きに必要な手順と会費のお支払いに関するご説明をメールで送信させていただきます。
事務局からのメールは、ご返信可能ですので、ご不明点などございましたらメールでお尋ねください。

無料会員から特別会員への申請方法

 
特別会員へご入会ご希望の方は、こちらのお申込書にご記入の上、ターボ機械協会事務局(turbo-so@pop01.odn.ne.jp)までお申込みください。
●ページTOPに戻る
 
 
 
                             
  ホーム     セミナー/講演会/CPD     論文     入会案内(無料会員登録はこちら)
  協会案内     ターボ機械とは?     刊行物        
  会長挨拶     ターボ機械     会誌「ターボ機械」     技術相談窓口
  設立主旨     ポンプ     ターボ機械協会出版物     お問合せ
  活動内容     水車     表彰情報     アクセス
  倫理規定     圧縮機     国際会議     リンク集
  定款     蒸気タービン     共催・協賛・関連行事        
  組織図     風車     生産統計     個人情報及び特定個人情報管理規程
  歴代会長     真空ポンプ             競争法コンプライアンス指針
  2020年度(第11期)事業報告     ガスタービン     J-STAGE「電子ジャーナル日本語版」        
  令和3年度(第12期)事業計画             IJFMS「電子ジャーナル英語版」     退会届
  特別会員会社一覧     創立45周年記念事業                
Copyright © Turbomachinery Society of Japan All Rights Reserved.